鈴虫寺 恋愛 復縁 願い事

鈴虫寺の魅力に触れよう。

京都府京都市西京区にある鈴虫寺[華厳寺(けごんじ)]。
鈴虫寺は京都の方々だけでなく、全国から観光で訪れる女性の人気スポットです。
寺の境内には鈴虫の音色が秋だけでなく一年中聞こえることから、
「鈴虫寺」の愛称で親しまれています。
住職をはじめ数名の僧が、お寺のことやお参りの仕方、
あるいは日々の心の持ち方についてお話し(説法)をしてくれます。
幸福地蔵にひとつだけお願いをすると、願いを叶えてくれるそうです。
入学・開運・恋愛などにご利益があるお寺です。
「願い事が叶った」という方が多いようです。
鈴虫寺はとても人気なので午前中に訪れ、
その後に西芳寺などほかの京都観光に行くのがおすすめです。

 

【鈴虫寺の人気の秘密】
◎鈴虫の鳴き声が一年中聞こえる
◎住職の説法
◎願い事が叶う「幸福地蔵」

 

◇紅葉の見ごろ…11月中旬〜11下旬

 

■歴史
鈴虫寺の正式な名称は「妙徳山 華厳寺(みょうとくざん けごんじ)」。
享保8年(1723年)、稀代の学僧として名高い鳳潭上人(ほうたん しょうにん)が
華厳宗再興のため創建。
著名な僧を集め、宗学の議論を重ねたとされる。
慶応4年(1868年)に慶元が臨済宗に改宗。

鈴虫寺の見所とお願いの仕方・お守り・お札

鈴虫寺,京都

 

■観光の見所
三門に続く石段を上ると、右手に錫丈(しゃくじょう)、左手に宝珠(ほうじゅ)を持った幸福地蔵が立っている。この幸福地蔵の正式名は「幸福地蔵菩薩」という。
草履を履いた姿は、願いをかけた者のところへ出向き、その願いを叶え、救いの手を差しのべるためといわれる。書院では禅宗の教え「茶礼」に基づきお茶とお菓子が出され、住職の説法を聴くことができる。
大正再建の本堂には本尊の「大日如来」と「鳳潭(ほうたん)像」がまつられている。鈴虫寺の境内は美しい石や苔・竹林をはじめサツキ・シャクナゲ・紅葉もよく、枠にはめて四角く育てた珍しい黒い竹もある。原始仏教を石庭で再現した境内の「七仏の庭」も見ていただきたい。十六羅漢など仏教にちなんだ庭園は数多くあるが、このような過去の仏を想定した庭は他では見ることができない。厳かな静寂と歴史のロマンを感じる。比叡山から南へ連なる東山三十六峰が一望できる場所もある。

 

■幸福地蔵のお願い事の仕方
お願い事は1つ。迷わないためにも、鈴虫寺の拝観に訪れる前にしっかり決めておくこと。お願いの仕方は書院の中での説法で教えてくれるので、お願い事はその後にするのがよいだろう。
お地蔵さんへのお願い事は声を出さなくてもよい。心のなかではっきりとお地蔵さんに住所・氏名などを告げ、一緒に手を合わせて祈る。住所・氏名を告げないと京都のこのお地蔵様があなたを訪ねられないからだ。もし願い事が叶ったら、お地蔵様にご報告・お礼に鈴虫寺に訪れることも忘れずに。

 

■幸せお守り・お札
このお守りには、お地蔵さまの姿が入っている。 京都のこのお寺を訪れ、お参りをした後はこのお守りを定期入れや財布などに入れていつも身につけておけば、お地蔵さまがきっとあなたの願いを叶えてくれるとのこと。友人や知り合いの方の代わりに、お守りをいくつか買っても、一度もお参りしていない人には効果がないといわれる。


鈴虫寺の拝観時間・拝観料・住所・交通アクセス

■拝観時間………9時〜16時30分
■拝観料…………大人500円
■住所……………京都府京都市西京区松室地家町31  電話:075-381-3830
■交通アクセス…阪急嵐山線「松尾駅」下車、徒歩約15分。 または京都駅から京都バス「苔寺・鈴虫寺」行き(約60分)で終点下車、徒歩3分。

 

この鈴虫寺のサイトはお役に立ちましたでしょうか。
京都観光にはホテルや旅館を予約し宿泊して、じっくり見て廻るのも素敵ですね。
ホテルや旅館でおいしい料理を贅沢に味わう。さらに思い出深い京都になると思います。
では京都観光をお楽しみください。

スポンサードリンク